So-net無料ブログ作成

山形の「日本一の芋煮会」に行ってきました [東北発 【山形県】]

今日9/5(日)は、山形の「日本一の芋煮会フェスティバル」に行ってきました。(参照記事

IMG_1944.JPG

毎年9月の第1日曜に行なわれるこのイベントは、今年で22回目になります。
私は仙台に転勤して今年で8年目ですが、今回初めて参加しました。
実は、前から一度行ってみたいと思っていたんですよね。ようやく、念願が叶いました。

会場は、山形市の馬見ヶ崎川河川敷。
この川の水は、ホントにきれいでした。
IMG_1940.JPG


さて、「日本一の芋煮会」と言えば、何と言っても6mの大鍋で作る芋煮。
この大鍋で作られる芋煮は、なんと3万食分だそうです。


IMG_1961.JPG



今日は朝7時半過ぎに仙台を出発。
山形県庁の駐車場に車を停めてから、シャトルバス(片道200円)で会場に移動。
会場には8時半過ぎに到着しました。

まずは整理券付きの芋煮会チケット(300円)を購入。
以前は行列が3時間待ちになる事もあり、数年前から整理券を配るシステムに変更されたようです。
第1陣(11:00)の整理券には間に合いませんでしたが、無事に第2陣(11:20)の整理券をゲット。
これで安心です。
IMG_1947.JPG


そして河川敷に向かうと、6mの大鍋がありました!
IMG_1941.JPG

大きなクレーンで何かを吊り下げているようだったので、よく見てみたら…
クレーンで吊り下げられていたのは、鍋のフタでした!
IMG_1943.JPG


6mの大鍋がよく見える角度から撮ってみました。
IMG_1970.JPG


間近で見るとこんな感じです。
IMG_1965.JPG


11時頃から、いよいよ6m大鍋の芋煮の配布がスタート。
IMG_1955.JPG


これがその6mの大鍋で作った芋煮です!
たっぷりの里芋に牛肉、こんにゃく、ネギが入っていました。
IMG_1959.JPG


この「醤油味で牛肉」の芋煮は、山形県の内陸地方で食べられているもので、庄内地方の芋煮は「味噌味で豚肉」と、少し違います。

その庄内風の芋煮も、対岸にある3mの鍋で作っていたので、食べてきました。
こちらは6500食分だそうです。
IMG_1952.JPG


庄内の芋煮は、里芋に豚肉、厚揚げ、ネギ、そして海苔と唐辛子のトッピングでした。
IMG_1968.JPG



それにしても今日は暑かった!
9月に入っても全国的に猛暑が続いていますが、この日の山形の最高気温は34℃。
もう暑くて汗が止まらなかったです。
毎年、「日本一の芋煮会がある9月の第1日曜は、芋煮を食べるにはまだちょっと暑い」なんて言われていますが、それでも平年は27℃ぐらいです。

炎天下での芋煮は、ちょっと辛かったですね。
正直、食欲があまり湧かなかったです。
でも、頑張って食べましたけど。



例年、午後遅くに行くと芋煮がなくなってしまうと聞いていたのですが、今日はお昼12時も過ぎると、鍋に並ぶ列がほとんどなくなり、すぐに食べられるような状態になりました。

実は、今年はあまりの暑さで来場客が例年より大幅に減ったらしいです。芋煮も、最後のほうは無料配布したそうですが、それでも1万食分が残ってしまったそうです。(参照記事

やっばり芋煮は、もう少し涼しくなってから食べたほうが、もっと美味しく感じられるでしょうね。
まあとにかく、今年は9月になっても、暑すぎます。
芋煮が美味しく食べられる、涼しい秋風の吹く季節が待ち遠しいです。


nice!(4)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 4

コメント 8

fukuyan

今年は9月に入っても猛暑が続いてますので、秋の味覚を楽しむにはまだ早過ぎましたね。
by fukuyan (2010-09-06 08:25) 

ぐす

この暑さに芋煮は・・・楽しそうo(^ω^)o
by ぐす (2010-09-06 11:31) 

ごつう

どうもです。

この暑い中、芋煮とは、山形人もなかなか通ですね。
写真を見る限り、芋煮会フェスティバルというより、工事現場みたいですよ。でもおいしそう。
地方には想像もつかないようなイベントがあるんですよね。

話が変わりますが、仙台から山形まで1時間くらいで行けちゃうんですか。意外と近いんですね。

でわでわ

by ごつう (2010-09-06 12:53) 

ガッキー

☆fukuyanさん 
まだ秋という感じが全くしないですよね。
そういう意味では、月見バーガーも何だか早すぎるような気がします。時期的には早くないのでしょうけど…
by ガッキー (2010-09-07 00:10) 

ガッキー

☆ぐすさん 
そういえばテレビでは「千葉マリンスタジアムは気温40℃」と盛んに報道されてましたね。
それに比べれば、まだマシなのでしょうか?
by ガッキー (2010-09-07 00:15) 

ガッキー

☆ごつうさん 
芋煮というのは、本来は炎天下の中でやるものではありません。(笑)
秋になって涼しくなってからやるものですので、念のため。

ちなみに芋煮は山形県だけでなく、宮城県でもやるんですよ。
芋煮のシーズンはコンビニで芋煮用の薪が売られたり、「芋煮はもうしましたか?」という挨拶をされたりします。

詳しくはこちらをどうぞ。(手前みそな記事ですみませんが)
http://gakki-0.blog.so-net.ne.jp/2007-09-12

by ガッキー (2010-09-07 00:31) 

春

東北人(福島県人)の私よりもはるかに
ガッキーさんが東北通ですね(笑)

でもなぜでしょうね。
東北人は大きければよいと思ってるのでしょうかね
福島のわらじ祭り
秋田の大曲の花火大会
秋田の竿灯祭り
弘前のねぶた
どれもこれも大きさやスケールの大きさをアッピールする物ばかり(笑)
by 春 (2010-09-07 22:02) 

ガッキー

☆春さん 
私が東北通なのは、関東出身だからかもしれませんね。
東北に住んでいる人にとっては当たり前だったり、珍しくないかもしれないものでも、私にとってはものすごく魅力的に映るので。

例えば「自然が残っていて空気が美味しい」とか「食べ物が新鮮で美味しい」というのは、関東から来た私だからこそ感じるのかもしれません。

よく、日本人以上に日本文化を理解している外国人がいますが、それと同じような感覚ですね。

まあとにかく東北は気に入ってます。

ところで大きいものと言えば、他にも福島県いわき市のジャンボシュークリームや、北秋田市の世界一の大太鼓もありますね。
by ガッキー (2010-09-09 01:00) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0